私は真岡市の工務店で新築の注文住宅として平屋を建てました。

その工務店でやっている完成見学会に行ったときにスタッフさんに言われてハッとしたのは、大工さんについてです。

昔は家を建てるとき大工さんに直接お願いしたものですが、今は違います。大工さんは施主さんから直接仕事をもらうわけではなく、下請けとして企業から仕事をもらうのです。

どういうことかというと、建てる人がわからないことが怖いのです。

誰がどういうクオリティーの家を建てか、大工さんに直接仕事をお願いするならわかるのですが、企業さんにお願いすると、実際に建てる大工さんがだれかわかりません。

完成見学会のお家と、自分が建てる時の大工さんは違う可能性があるのです。

その点、私がお世話になった工務店では、専属大工という形で大工さんと関係を持っていたので、安心して家づくりを任せられました。

構造見学会をやっていて、且つ、不特定多数の大工さんではなく、なじみの大工さんを使っている工務店なら安心だと思うのです。