これから家を建てる人たちはきっと
「どんな家を建てようか」
「内装はどうしようか」
「壁紙はどうしようか」
「インテリアはどうしようか」
「2階建てか、平屋にしようか」
そんなことを考えているのでしょう。

ええ、わたしもそうでした。
自分の住む家は常に見た目、外観だけで、性能も「まぁ暑すぎず寒すぎなければ」とか甘い考えでした。

以前たまたまインターネット見かけた現場なんとかという動画では、良い現場と悪い現場の比較をしていました。
言われてみて気づいたのですが、確かに建設現場って汚いイメージがあったのですが、それっておかしいですよね。
その動画でも触れていたのですが、汚い現場で良い家が建つはずありません。
いろんな向上でも4S(整理、整頓、清掃、清潔)と言って日々お掃除をがんばっています。
現場がキレイなら事故も起きないし、家もゴミで汚れたり傷ついたりしないし、良い家がたちます。

見学会や展示場で、口でなんと言われようと関係ありません。現場がキレイな会社を選びましょう。

さらに言えばその大工さんを指名しましょう。